ホワイトドア司法書士事務所

初めてのご相談(60分程度)は無料です
メールでのお問い合わせ

解決事例/コラム

自己破産申し立て 同時廃止で決める!➀

2018.09.28

解決事例/借金

自己破産手続きには、「同時廃止事件」と「管財事件」の2種類があります。

なかなかなじみのない事件名です。

裁判所に何かを申請した場合、事件=刑事事件!でなくても、「~事件」と命名されます。

自己破産の場合、「自己破産申立事件」となります。

「同時廃止」「管財」は、外国語のようなものだと考えてください。間違いをおそれずにいえば、お金をかけずに比較的手続きが静かに進んでいくのが同時廃止で、破産管財人という人に20万円~のお金を支払わなければ、裁判所が手続きを進めてくれないのが管財事件です。


基本的には、裁判所に破産申立てをした際に、申立人に、債権者に配当するべき財産がある場合、浪費等が激しい場合、ギャンブルで借金を作ってしまった等の場合には管財事件として申し立てをします。

申立てとは、破産申請をすることです。

これに対して、配当するべき財産がない場合に、生活苦のため借り入れをしてしまった等の場合には、同時廃止事件となります。


管財事件の場合、上記のとおり、破産管財人が選任され、手続きは同時廃止事件より時間がかかるものとなります。

また、裁判所に納める予納金も多額になります。

「個人が破産する場合、配当すべき財産を有していない場合がほとんどですので、多くは同時廃止事件として処理される」などと、特に司法書士のホームページには書かれていることがありますが、これはおおうそです!

むしろ、司法書士であるがゆえに、細かいところまで(たとえば、家計簿も1円単位で作成し、領収証も取得していただく等)気を使って申立書を作成する必要があります。

今回、私は、2件の破産申立書を作成し、2件ともに管財事件になる可能性を多分に抱えた事件を担当いたしました。

その2件とも、同時廃止で手続きをすすめることが先日決定しました!

これは、依頼者の方がお忙しい中、時間を割いていただき、ご協力をしていただけたことも、同時廃止で決まった大きな要因だと考えています。

個人情報に触れない範囲で、事件の内容、私が特に留意した点を述べてみたいと思います。

なお、これまで自己破産申立書の作成、離婚調停の書面作成など、司法書士では弁護士と異なり、代理人としては関与できない事件を担当してきました。

その上での率直な感想なのですが、依頼者の方が本気になっていただければ、司法書士だろうが弁護士だろうが変わりはほとんど無いと思います。

結局、何かを解決する上で、一番重要なのは、自分が頑張ること!だと思います。そのうえで、適切なアドバイスをもらいながらすすめていく。

私は、司法書士として、できる限り金銭的負担が少ない形で、良きアドバイザーになれればと思っています。